2017年 03月 10日 ( 1 )

わたしが被災したことは昨年もブログに書いたので、くどいな~と思われるかもと思ったのですが

全国各地のロハン民の方に震災のことを語れるのはわたしだけだという変な使命感でブログを起こして

います

最近よく通る海岸、6年経過しても津波の爪痕がむきだしです



e0340616_16060066.jpg

土台部分だけ残された漁港、ここは片浜ヨットハーバーと呼ばれ、ヨットや地元の漁船が係留されていました

繰り返し押し寄せた津波、そして引き波で表面のコンクリートはもっていかれ、まだ補修もされていません




e0340616_16045660.jpg

地盤が沈下したこともあり、付近では防潮堤の建設も進んでいます、これは県知事が推進している復興政策な

のですが、わたし個人としては避難路の確保のほうが先ではないかと思ってたりします



津波の数日後、友達の建設資材の店が無事なのか確かめに行ったのですが、店は営業していました

全国各地から支援に来てくださった部隊の方が訪れ 、1万円札を100枚以上はだかで握りしめて

「コンパネをあるだけください」と買って行ったとのこと・・・

「ほら、あそこ」友達の指差す方向に目をやると積み重なったがれきの中からご遺体を収容して

そのコンパネに乗せて運び、救急車に乗せていました

映画のシーンのような光景が目の前で起きている、非日常を受け入れる第一歩にもなった出来事でした




           






わたしの生まれた地域が津波にのまれる動画です



























[PR]
by hinaamyu | 2017-03-10 16:26 | その他

新生ロハンでの出来事を綴るブログです


by ひなかすみ